【ミニマリスト】カウンターの邪念をはらう

Pocket

20151030222902

カウンターキッチンに、
今まであった私物を、
各自の部屋に戻す。

家の中心にキッチンがくる我が家では、
動線中心部。

故に、

常日頃、
一番雑然とモノが集まってしまう場所でもある。

キッチンで使うものの、
一時置き場だったり、

ちょっと使って、
ちょっと置いておく場所だったり。

ここが「指定席」なものは、
水素水サーバのみで、
他は「一時的に置いてあるもの」ばかり。

本日より、
このカウンターに、

「私物置くべからず」

そう、張り紙をしたわけではないのだけれども、
勝手に決める(笑)

置いてあったら、
部屋に無言で戻そう。

それを繰り返すうちに、
口やかましく言うことなく、

それをわかってくれるだろうと、
期待する。

一番端っこには、
非常用の懐中電灯などをを入れた箱。

これは、非常用なので、
置いてもOKとする。

気がついたら、
その箱の中に、
何かがミッチリ入ってるとか、
ありそうだけど。。

お片付けは、
強制すればするほど、

「面倒くさいもの」

に、なってしまうので、

日々の行動で、
各自の潜在意識に、

刷り込む。

(笑)

つるりとしたカウンターに、
映える林檎。

ABOUTこの記事をかいた人

shuri

管理人、shuriです。 ミニマリズム&防災意識を日々高めつつ、記事を書いております。 どんな災害が起こっても、愛する娘を守り抜きたい一心で防災を学んでいます。 「本当に自分に必要なもの」と「災害から身を守ること」を柱に、人生を「生きる」と「活きる」生活を目指して、日々更新中。 18歳〜21歳にの三年間をかけて、重度のアトピーによるステロイド依存から脱却すべく「脱ステ」に挑み、いまはぱっと見アトピーに見えないぐらいまでになっています。 愛犬は13歳の柴犬。ミニマリズムを求めつつも、100均が大好きで困る(笑)