【防災セット】カバンに常備!イザという時に役立つ、手作りミニマム防災セットまとめ。

Pocket

災害はいつ起こるかわからない。
だからこそ、日々の備えが一番の防災になる。

手軽にカバンに入れて持ち運べる、
小さな防災セットをまとめてみました。
みんなが、自分自身をしっかりと守れるキッドを持ち歩いていれば、
非常時の混乱を防げる大きなチカラになると思います。
小さな怪我でも、時間がたてば大事になったり、
大きな怪我でも簡単な応急処置さえできれば、
体力温存できるのですから。

1人のチカラがみんなのチカラになりますよね。

アルトイズ缶

タバコサイズのアルトイズというミントタブレットの缶を利用して、
小さなサバイバルキッドを作っています。

このサイズだと、小さめなカバンにも入れて歩けるので、
かなりおすすめ。
内容によっては重量が生じますが、
簡単な応急手当の道具や、常飲している薬などをいれておくと、
かなり重宝すると思います。

私は、この缶に小さなライトや、小さなマルチツールを入れていますよ。

アルトイズ缶サバイバルキット作成ブログ

みなさんそれぞれに、工夫をこらして、
アルトイズ缶を使用したキットを作成されています。
サバイバル用と書いてはありますが、
防災時に役立つツールがしっかりと詰まった、
頼もしいキットになってます。
自分で手作りしたからこその使い勝手と、
信頼感がありますよね。
心強いアイテムです。

アルトイズ缶でサバイバルキット作り

アルトイズ缶でサバイバルキット作りのその後

ミント缶を使った防災缶

災害時に備えておくべきDIY系サバイバルグッズ一覧

一石二鳥の活躍をしてくれるサバイバルキット用ケースの作り方

アルトイズサバイバル缶

ALTOIDS(ピンチ缶)

アルトイズ缶(サバイバルキッド)に入れているものの例

  • 絆創膏
  • 安全ピン
  • マルチツール
  • 100円ライター
  • 輪ゴム
  • 縫い針と糸
  • ホイッスル
  • LEDミニライト
  • 現金
  • 鉛筆とメモ紙
  • ワイヤー
  • 針金
  • マッチ
  • 消毒コットン
  • 常備薬
  • 処方箋
  • ビニール袋
  • 糸のこぎり
  • カッター
  • 身分証明書

「アルトイズ」をネットで探す

作ってみたくなった!と思っても、
意外にお店にないんです。アルトイズ缶。
輸入食品扱うところか、
シャレオツな外資スーパーなどには、あるかもしれません。

ネットで探すのが一番はやいかも。

ミントの種類は、ペパーミント、スペアミント、
シナモン、ウィンターグリーン?リコリスミント。
シナモンは「罰ゲームの味」ともいわれますが、
わたしはシナモンが一番好きです(笑)

こんなかわいいサイズのアルトイズ缶もありました。
常備薬や裁縫道具入れに使いたいかも。

市販の携帯用防災セット(楽天)

いろんなアイテムを一つづつ探して揃えるのが手間な方は、
こんな携帯用セットも売っています。
自分の生活スタイルに合うサイズのものを、
無理なく携帯し続けたいですね。

100均で揃えられるもので、プチ携帯ポーチをつくろう

市販の防災セットは、便利ですが、なかなかお値段の張るもの。
家族全員分を揃えようとすると、
そのコスパにちょっと躊躇してしまうかも。

そんな時に便利なのが100均で購入できるアイテムです。
無いよりまし!という言い方は、変かもしれませんが、
非常時は無いから困る!がたびたび起こります。
少しでも備えておきたい、100均で購入できるアイテムです。

これをそのまま、手軽なポーチにいれて、
いつものカバンに携帯しておくと安心です。

非常時お役立ちアイテム【携帯トイレ】

実はこの携帯トイレ、100均で販売しています。
わたしはセリアで購入しました。
簡易トイレですが、
あるとないとでは大違い。。。

非常時お役立ちアイテム【バンダナ】

大判のバンダナは包帯代わりになったり、
頭を防御する簡易的な帽子代わりになったり、
マスクの変わりになったり大活躍です。
カバンに一枚忍ばせておくだけでもいいと思います。

非常時お役立ちアイテム【ホイッスル】

人は咄嗟の「声」がなかなかでないもの。
災害時だけではなく、防犯の意味も込めて、
ホイッスルは持ち歩くとよいと思います。
災害時は体力の低下を防ぐために、
大声をあげるよりも、ホイッスルで助けを呼ぶとよいそう。
高い音のほうが人の耳に届きやすく、
子供でも簡単に音を出しやすいので、
ランドセルやポーチにつけてあげてもいいですね。
わたしは子供の防災頭巾につけてあげています。

カラビナ付 LEDライト&ホイッスル
カラビナ付 LEDライト&ホイッスル
価格:108円(税込、送料別)

 

お役立ちアイテム【LEDライト】

災害時は舞う誇りや煙などで、
視界が暗くなりやすく、
また停電などが起こるので、電灯はほとんどなくなります。
暗闇での歩行はとても危険なのでやめたほうがよいですが、
手元の明かりがあるだけで、気持ちも少し楽になります。
スマホなどにもバックライトなどのアプリがありますが、
消費電力が大きいので避けたいところ。
小さなLEDライトが一つあると、とても安心で安全です。

カラビナ付 LEDズームライト
カラビナ付 LEDズームライト
価格:108円(税込、送料別)

 

☆LEDライトと、ホイッスルは、
すぐに取り出せるよう、
鍵と一緒にしておくと便利ですよ!

 

スクリーンショット 2016-02-07 14.19.11

大人気100均ショップSeria(セリア)のサイトでも、
セリアで揃えることができる防災セットのご案内がありました!

☆セリア「イザというときの防災対策」

できれば身近に揃えておきたいアイテム

毎日のカバンに入れておいたら、非常時にお役立ちアイテムです。
カバンは無理でも、会社の引き出しやロッカーにいれておくとよいと思われます。

【フラットシューズ】

ヒールを履いて歩くことが多い女性は、
カバンに忍ばせておくとよいのが、携帯用のフラットシューズ。
緊急避難時も、帰宅困難となって歩いて帰る場合も、
ヒールでは素早く対応しにくいですし、
歩き疲れて体力を奪われるのは、とても危険。
カバンにいれなくとも、会社などに常備しておいては。

 

携帯小型ラジオ

イザというときの情報収集には、
やはりラジオと言われています。
スマホの電源も切れたら、
なかなか正しい情報が入ってきにくくなるかもしれません。
小型のラジオをカバンに忍ばせておいたら安心ですね。
予備の電池もわすれずに。。。


水筒(プラスチックボトル)

平時でしたら飲み物は気軽に自販機で購入できますが、
災害時、非常には一気に在庫が減ってしまいます。
311の時、徒歩で5時間かけて帰宅しましたが、
道すがら見つけた自販機やコンビニの飲み物はすっからかん。
あまりの品薄っぷりに驚きました。
できることなら、常日頃から、
少量の水分は持ち歩きたいものです。

からっぽの水筒を持っておくだけでも、
水を入れるチャンスがあったときに補給できるので、
とても重宝するそうですよ。

災害はいつ起こるか、誰にもわかりません。
だからこそ、常日頃の小さな心がけで、
みんなで乗り越えてゆきましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

shuri

管理人、shuriです。 ミニマリズム&防災意識を日々高めつつ、記事を書いております。 どんな災害が起こっても、愛する娘を守り抜きたい一心で防災を学んでいます。 「本当に自分に必要なもの」と「災害から身を守ること」を柱に、人生を「生きる」と「活きる」生活を目指して、日々更新中。 18歳〜21歳にの三年間をかけて、重度のアトピーによるステロイド依存から脱却すべく「脱ステ」に挑み、いまはぱっと見アトピーに見えないぐらいまでになっています。 愛犬は13歳の柴犬。ミニマリズムを求めつつも、100均が大好きで困る(笑)