【日本版防災EDC】Every Day Carryで安心感を持ち歩きませんか?

Pocket

【日本版防災EDC】Every Day Carry まえおき

 

突然ですが、
皆様、防災用品持ち歩いていますか?

災害はいつ起こるかわからないもの、、、、。
日々の備えが「災害を防止する」防災。

とは、いえ、
何をそんなに持ち歩けばいいの?
って話になるとは思うのですが。

 

こちらの記事にも書きましたが、
わたしは311の時に、帰宅難民を経験しました。
その日に限って、一番遠くの営業所に出向いていたのですが、
たまたま車で来ていた方が、
途中まで、いけるところまで送ってきてくれたから助かったものの、
それでも車を降りた後、
5時間かけて帰宅しました。

 

急な出来事で、頭はパニック。
どうしていいのか、さっぱりわからない。
情報は電源の乏しいスマホと、ガラケーだけ。
電話はにっちもさっちも繋がらない。

 

たまたま所持していたガラケーが、
テレビをみられるタイプだったので、
必死でアンテナを伸ばしてみるも、
恐ろしい津波の映像が流れ、、、。

 

怖かったです。

必死で歩きました。

 

方向音痴な挙げ句に、
帰宅路もはっきりとわかっていないまま、
とにかくわかるところまででようと、
必死で歩きました。
しかも、履いていたのは重めのブーツ。

 

無言で歩き進めるたびに、痛んでくる足。

 

コンタクトレンズを入れた目は、
どんどんと乾き、かすみ、
汗ばむほどに歩き進めた足と身体は、
どんどん重くなり、
喉はカラカラ。お腹はぺこぺこ。

 

お手洗いに行きたい。。。

 

ようやく見つけたコンビニは、
飲み物の棚やおにぎり、パンの棚がからっぽ。
トイレに30分以上ならび、また歩く。

 

普段歩くとしても、せいぜい一時間程度。
こんなに長距離を急に歩けといわれても。。。

 

でも、歩かざる得なかったんです。
保育園で幼い子供が待っている。
途中から耳にはいっている情報は、
自宅付近が液状化でぐしゃぐしゃになっているというもの。

 

不安と恐怖でいっぱいになりました。
子供は無事か。。。
自宅で留守番している愛犬は無事か、、と。

 

なんとか園に辿り着き、
無事だった子供をつれて帰宅。

 

必死の体で帰宅したあとは、
不安でおびえていた愛犬を落ち着かせ、
幸い停電していなかった冷蔵庫を開け、
お茶を喉に流し込み、
残っていた食材で胃を満たし、重なり合うように起こる余震におびえながらも、
ようやく落ち着けたと、泥のように眠りました。

 

これで済んだから、
まだ良かったとは思います。。。

 

でも、たったコレだけのことでしたが、
それでも、その後は、
外出が不安で仕方がありませんでした。

 

もうこんな思いはしたくない。

それに。
今回はちゃんと帰ってこれたものの、
途中で乾いたコンタクトレンズが外れていたら。
乾ききった喉と身体で動けなくなっていたら。

もし、途中で怪我をしたら。

 

情報がままならないまま、
連絡がとれないまま、
子供を保育園に迎えにさえいけない。

 

それに、

 

もし、子供と一緒のときでも、
災害にあって、子供が怪我をしたら。
自分が怪我をしたら。

安全な場所にまで、こども連れていけない。
守ってあげられない。

 

こんな不安でいっぱいになりました。

 

そこでようやく、
「災害を防ぐ」ための「防災」の意識を持ちました。

 

小さいことですが、
一枚の絆創膏が。
少しの水が。
一口の食料が、そこにあったら。

 

守れるかもしれない。
いや、守りたい。

 

その思いから、
ネットでいろいろ勉強をしはじめて、
Every Day Carryを始めたきっかけです。

 

なので、
日々の私のEvery Day Carryをご紹介しながら、
このシリーズを書き進めて行きたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

 

Every Day Carryの記事一覧はこちら。
【防災EDC】ミニマリスト的?Every Day carryポーチの中身を公開♪

【防災セット】カバンに常備!イザという時に役立つ、手作りミニマム防災セットまとめ。

【Every Day Carry】これはEDCしやすいぞ!無印良品の携帯ソーイングセットが充実で可愛い♡

【Every Day Carry】MAGFORCE Organizer MF−0259レビュー(マグフォース)

【防災セット】子供用EDCセットで、子供と防災意識を高めよう!

【防災EDC】見つけた!ベストオブミー水筒!&変わり種水筒いろいろ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

shuri

管理人、shuriです。 ミニマリズム&防災意識を日々高めつつ、記事を書いております。 どんな災害が起こっても、愛する娘を守り抜きたい一心で防災を学んでいます。 「本当に自分に必要なもの」と「災害から身を守ること」を柱に、人生を「生きる」と「活きる」生活を目指して、日々更新中。 18歳〜21歳にの三年間をかけて、重度のアトピーによるステロイド依存から脱却すべく「脱ステ」に挑み、いまはぱっと見アトピーに見えないぐらいまでになっています。 愛犬は13歳の柴犬。ミニマリズムを求めつつも、100均が大好きで困る(笑)