【緊急地震速報】大地震なのに「緊急速報」なぜ鳴らぬ?実は「深発地震」に対応できていなかった。

Pocket

大地震なのに「緊急速報」なぜ鳴らぬ

実は「技術的な限界」で「深発地震」に対応できていなかった

   2015年5月30日に小笠原沖で発生したマグニチュード(M)8.1の地震は、首都圏のみならず日本中で大きな驚きとともに受け止められた。

とりわけ話題となっているのは、緊急地震速報が鳴らなかった理由だ。揺れる直前、テレビから、スマートフォンから警報音が出るはずなのに、な ぜか出ない。そんな報告がネット上に寄せられた。改善してほしい、との要望も寄せられているが、気象庁は「技術的な限界」「数か月という短いスパンでは難 しい」と説明する。

全文はこちらをクリック

J-CASTニュースより

 

みんな、それぞれに微妙に鳴ってない。

この時の地震だけに限らず、
その時々で、鳴ったり鳴らなかったりで、
少々、動揺が走ります。

 緊急地震速報は深さ150キロ以上を震源とする「深発地震」に対応していない。

「正確な把握が困難」

  • 深発地震は正確な震度の推定が難しい。
  • 震源の真上ではほとんど揺れないのに震源から遠く離れた場所で揺れを感じたりする。
  • 計測器が実際よりも大きく震度を計算してしまったりする。

 

それでもやっぱり、
ちゃんと鳴ってほしいです。。。

ちなみに緊急地震速報は、
こんな仕組みで鳴りますよ。

緊急地震速報って?

 

スクリーンショット 2016-03-16 12.58.22

緊急地震速報は地震による強い揺れを事前(揺れる前)にお知らせするための情報です。

  • 地震発生場所に近い地震計で地震派(P波、初期微動)をキャッチ
  • 気象庁で、震源や規模、予想される揺れの強さ(震度)等を自動計算
  • 地震による強い揺れ(S波、主要動)が始まる前に素早くお知らせ(緊急地震速報を発表)
  • 家庭や工場、集客施設、交通機関などで、見聞きした一人一人が自らの身を守るためなどに活用

気象庁リーフレットより

 

緊急地震速報は、どうやって聞くことができるの?

スクリーンショット 2016-03-16 12.58.34
  • テレビやラジオを視聴しているときに、報知音とともに放送されます。
  • 緊急地震速報を受信し、報知音とともに伝えられます。
  • 市町村の防災行政無線から報知音とともに伝えられます。
  • 受信端末などでは、気象庁が発表する警報や予測のほか、独自に個別地点の震度などを予想し、報知します。

 

気象庁リーフレットより

緊急地震速報の音は、どうゆうときに鳴るの?

スクリーンショット 2016-03-16 12.58.45
  • 地震により最大震度5弱以上の揺れを予測したときに、震度4以上の揺れを予想した地域に対して緊急地震速報を発表します。
  • テレビやラジオ、防災行政無線、携帯電話、スマートフォンで報知音がなります。
  • 受信端末などでは、予想する設定震度が、利用者が独自に設定した基準を超えたときに報知音が鳴ります。

 

気象庁:緊急地震速報について

 

なには、ともあれ、、、。
緊急地震速報が鳴っても、

動じることなく、
冷静に行動したいものです。

ABOUTこの記事をかいた人

shuri

管理人、shuriです。 ミニマリズム&防災意識を日々高めつつ、記事を書いております。 どんな災害が起こっても、愛する娘を守り抜きたい一心で防災を学んでいます。 「本当に自分に必要なもの」と「災害から身を守ること」を柱に、人生を「生きる」と「活きる」生活を目指して、日々更新中。 18歳〜21歳にの三年間をかけて、重度のアトピーによるステロイド依存から脱却すべく「脱ステ」に挑み、いまはぱっと見アトピーに見えないぐらいまでになっています。 愛犬は13歳の柴犬。ミニマリズムを求めつつも、100均が大好きで困る(笑)