【妄想ミニマリスト】まさかのPC断捨離?!

Pocket

こんばんは。

妄想ミニマリストshuriです。

スーツケース1つ分の荷物で一ヶ月チャレンジにイキナリ山場がきました。

まさかのMacbook proが故障。
故障というかご臨終。。。

本日急遽、アップルストアに駆け込み、涙目でデータの救出をお願いしてきました。

まぁアップルストアさんて、データ救出専門業者さんじゃないので、100%ってことはないんですけどもね。。。

どうも20年来のMacユーザーとしては、アップル教なわけです。他社の業者さんに、私のダーリン渡す気にはなれないんです。

洗脳されてますなぁ、、、(笑)

iPhone6PLUSにポータブルキーボードを添えて(涙目)

iPhone6PLUSにポータブルキーボードを添えて(涙目)

で、今日からしばらくこんな感じで更新ですので、フォーマットが見にくいかもです。

すみません。

いや、でもですね。

 

とても試されている気がしますよ。

 

「お前はPCがないと、何もできないのか?」って。

本当にPCがなくちゃダメなのか?って。

 

普段なら「バカ言わないで。ダメなのよ!!」

って即答しますが、

このチャレンジしているせいか、少し考えましたね。

本当にPCがなくちゃだめなのか?

 

いや、だめなんですよ。

仕事できませんからね?

 

でも、考えたこともなかったんです。

PCがない生活なんて。

本当に。

いざ、パツンとPCが手元から無くなってみて、

いつもならパニックになるところですが、

今回は結構冷静でいられました。

(もう何代目ってくらい歴代のMacを購入しては、使い倒してきましたからw)

歳はとってみるものだなぁと(ちょっと違うか)

 

いま、自分にあるもの。

いま、自分が持っているものだけで、

何ができるのか?

 

本当にそれを考えました。

 

ウェブサイトの更新なら、

こうしてiPhoneでどうにかなります。

写真加工も、私が勉強不足なだけで、アプリでなんとかなるかもしれません。

DTPは流石に無理かもしれませんが、もしかしたら、それも勉強不足なだけかしれません。

そもそも、DTPの仕事に固執する必要がなければ、それすら必要なくなります。

 

PCがなければ、

私は自分の力がないも同じく考えてきました。

無くなってみて、

そう思ってたんだと気がつきました。

 

馬鹿げた話ですが、

PCのスペックすら、

自分と重ねていたかもしれません。

 

より高性能なものを、求めてきたのは、

そう思って、

それが無いと不安だったんじゃないか?と。

 

いつもあるものが、

当たり前にあるものが、

自分の一部だと思ってきたものが、

意思とは別の部分で強制的にもぎ取られてみて、

初めて気がつきました。

 

もう20年、毎日Macのモニターと相対してきた私。

あのドュウーンという起動音と共に1日が始まる暮らし。

それが、昨日イキナリ無くなったんです。

この心のスッカスカ感が伝わるでしょうか(笑)

それでも、前回の故障というかお釈迦になった時と違うのは、iPhoneという端末がこれだけシッカリとしてたからだと思うんですけどもね。。。

この小さなスマートフォン1つで、

皆さんに、この記事をお届けできてます。

むかしのガラケーで毎日5、6記事のブログアップしてたのも、懐かしく思い出しました。

SNSが無い時代。

ブログサービスの創世記でしたね。

そんな時代もあったんですよね。

その時は無料ブログがシッカリとしたプログラムで運営され始めていたから、という背景があったから出来たことですが、その時は、スマホがなくても「出来ていたこと」をスッカリ忘れていました。

このまま、修理にだすのか、

新しい機種を購入するのか、

少し迷ってみますが、

この「いつもの相棒がいない」状態で、

私は一体何を感じるんだろう?と、

ちょっと自分と向き合ってみたいと思います。

 

最期に、ピンクのプラスチックお椀で素麺を食べると、全く食が進まないよっていう写真をどうぞ(笑)

海苔のカットが太すぎるのは、気にしちゃいけません(笑)

海苔のカットが太すぎるのは、気にしちゃいけません(笑)

 

それでは、また!

shuri

ABOUTこの記事をかいた人

shuri

管理人、shuriです。 ミニマリズム&防災意識を日々高めつつ、記事を書いております。 どんな災害が起こっても、愛する娘を守り抜きたい一心で防災を学んでいます。 「本当に自分に必要なもの」と「災害から身を守ること」を柱に、人生を「生きる」と「活きる」生活を目指して、日々更新中。 18歳〜21歳にの三年間をかけて、重度のアトピーによるステロイド依存から脱却すべく「脱ステ」に挑み、いまはぱっと見アトピーに見えないぐらいまでになっています。 愛犬は13歳の柴犬。ミニマリズムを求めつつも、100均が大好きで困る(笑)