【防災・非常食】おすすめ!三人家族の一週間分カンタン非常食リスト。

Pocket

防災備蓄・非常食が三日分じゃ足りない現実、、でも、

非常食を用意するのにお金がかかりすぎるのはイヤ!
それでも食の栄養バランスはできるだけ崩したくない。

 

こんにちは。
今日は防災ミニマリスト shuriです。

さてさて。。。

ミニマリストを目指している私ですが、
今日は防災備蓄・非常食について書いてみたいと思います。
なので、あんまりミニマイズムな話にならないかも。

みなさんのお住まいのエリアでは、
防災備蓄品や非常食などは、
何日分の用意を促されていますか?

一般的には三日分と言われておりますが、
エリアによって、
それは様々なんですよね。

三日で救援物資が届くところがあれば、
一週間経っても、二週間経っても、
それが届かないところもあるようです。

先の熊本地震でも、
東日本大震災でも、
避難場所によって、
物資の量がかなり違いました。

これは搬入経路となる道路の分断や、
周りの被害状況に寄って変わるもののようです。

確かにそうですよね。
いくら物資が揃っても、
運び込めないこともありますよね。

そんなわけで、
お住まいの環境によって、
用意しておくべき防災備蓄・非常食の量は、
地域によって違いますので、
一度ご確認くださいませね。

さて。

そこでです。

我が家の場合は、
運河に囲まれた地域ですので、
地震で橋が破損した場合、
救援も物資の運送も、
オールアウトとなります。

地図を見ながら、
よくよく難儀なところへ住んでいるものだなと、
ちょっと驚いてしまいましたが、
住めば都です。この街が好きです。
好きだからこそ、
ここへ住んでいても、
困らない防災備蓄・非常食の準備をするように、
心がけております。

「このエリアは最低でも一週間分の備えをしておいてください」と、

消防の方にアドバイスを頂きました。

そんな我が家流の、
カンタンおすすめな、
防災備蓄・非常食をご紹介したいと思います。

【おすすめ非常食1:切り餅】

いきなり切り餅です(笑)

実は我が家では「防災用非常食」という、
特別なものは、用意していません。

理由は、お値段が高いからです!!

パンの缶詰とか、アルファ米とか、
いいなぁ便利そうだなとは思います。

でも、高いんですもの!
それだけを用意するのに、
三日分揃えるだけで、
一週間分の食費になったりしませんか?
なっちゃいますよ〜。。

そう考えると、
億劫になってしまうんです。

防災備蓄・非常食の準備って。
だっていますぐ食べないもの買って、
いま減りまくっているこのお腹は膨れないわけですよ。

備蓄で家計が苦しくなるのは、嫌です!!

だから、買うハードルが高くなります。
なので、毎日消費するものを調節して、
防災備蓄・非常食としております。

はい、話を戻して、
切り餅を常備しております。
1約キロは、常にあるようにしています。

子供が大好きなので、
一番早く回る食材でもあります。

個装パックのものがいいと思いますね。
日持ちしますし、
持ち運びもできます。

お餅なら、お湯があればうるかせるし、
お腹もいっぱいになります。

主食として常備しております。

【おすすめ2非常食:お米】

当たり前かもしれませんが、
お米です。

お米を常に5キロは常備しています。
これは気にしなくても、
カンタンにルーティンできる食材ですよね。

でも私は無洗米は買っていません。

だって、あんまり美味しいと思えないからです。

もしお水が乏しくても、
躍起になって洗米しなくても食べられますし、
それに、お米を研ぐ際に出る、

米のとぎ汁は立派な洗顔水になります。

普段も使っています。
お肌がスベスベになりますよ〜。

お米のとぎ汁の中には、
ビタミンB1、ビタミンB2、
脂質、でんぷん質が含まれているそうで、
お肌に優しいのだとか。

農薬等が気になる時は、
一回目は普通に洗って流してしまい、
二回目のものを使うと良いです。

そう考えると、非常時には、
このとぎ汁で体を洗浄することもできるでしょう?

入浴ができない時に、
とぎ汁で一度体を拭いて、
そのあとに水で拭きあげれば、
さっぱりすると思うんです。

なので、非常用に無洗米でなくても、
普通のお米だけで二度美味しいじゃないですか。

ということで、
我が家では普通のお米を5キロ常備しております。

ちなみに、

お米はジップロックで炊くことができます。

ジップロックでお米を炊く場合は、
お米とお水を同量ぐらい入れて、
15分前後ぐらいお湯で煮るだけです。
(炊く量で時間は変わります)

飲料水を沸かして、
まずはそれでご飯を炊き、
残ったお湯でスープを作ってもいいですよね。

非常用のお米を用意しなくても、
普通のお米の備蓄で充分だと思っています。
(お水とカセットコンロはまた別に用意している前提ですが)

【おすすめ非常食3:素麺&粉末ダシ汁】

 

あっと言う間に食べられる食材NO.1(当社比)素麺です。
茹で時間、1〜2分で美味しくたべられますよね。
いざとなったら、
茹で汁に粉末つゆの素いれちゃってもいいし、
味噌と乾燥わかめいれれば、立派に一食分。

簡単で安くて、早くて、長期保存可能。
最高な備蓄・非常食だと思います。

粉末つゆの素は、
うちはお約束のヒガシマルでございますよ。

【おすすめ非常食4:チアシード】

長期間保存が効く高エネルギー食品とも言われる、
必須アミノ酸、オメガ3を豊富に含んだスーパーフード、
シソ科アサギリ属のチアシードです。

主な栄養素は、

  • 必須アミノ酸を含むタンパク質、
  • カルシウム
  • カリウム
  • 亜鉛
  • ビタミンB群

オメガ3系脂肪酸の1つであるα-リノレン酸が血液をサラサラにしてくれますし、
必須アミノ酸を含む、18種類ものアミノ酸が豊富に含まれているので、
疲労回復にも役立ちます。

食べ方は、1時間ぐらい水につけておくだけ。
ぷるぷると10倍ぐらいに膨れ上がるので、
腹持ちも最高にいいです。

栄養バランスが偏る非常時の食品として、
とても優れていると思います。

長期保存も簡単ですしね。

我が家では、朝ごはん必須アイテムなので、
毎日食べている食材です。

子供と私の朝ごはんは、
前夜から水につけてぷるぷるにしておいたチアシードに、
ヨーグルトや豆乳を混ぜ、
オートミールと玄米フレーク、
それにドライフルーツや蜂蜜を好みでかけて食べます。

HipstamaticPhoto-485480526.892105

こんな感じで。

なかなか美味しいですし、
朝ごはんにはぴったりですよ。

非常時にヨーグルトや豆乳は手にはいりにくいと思いますので、
スキムミルクも使います。

チアシードだけで食べるとまずいのでお気をつけください(笑)

水筒にチアシードをいれて水をいれて、
そこにテン菜糖や蜂蜜で甘くしてだったら飲めると思いますが。。

毎日食べ慣れている食材で、栄養価が高いものなので、
安心してまとめ買いもできますしね。
なので非常食としても視野にいれ、
いつも余分に用意しています。

【おすすめ非常食5:玄米フレーク・オートミール】

<< 玄米フレークの主な栄養素 >>

  • 炭水化物
  • たんぱく質
  • ナトリウム
  • 脂質

<< オートミール の主な栄養素>>

  • ビタミンB群
  • ミネラル
  • 食物繊維

 

はい、先ほどの朝ごはんメニューにでてきた、
玄米とオートミールです。
これ、

いざとなったらそのまま食べられるしね!!
(オートミールはちょっときついかw)

玄米フレークより、
シリアルのほうが美味しいかもですが、
ちょっとお高いでしょう?お値段が(汗)

それに栄養価で考えると、
玄米フレークやオートミールのほうが、
食事的にあっていると思います。

保存も簡単ですしね。

そのまま食べられるしね!!(まだ言う)

口の中が痛くなりそうですが、、、。

バランス健康食品として、
カロリーほにゃららのような、
栄養バーもとてもいいと思います。
(私は防災EDCとしてカバンにいれて持ち歩いていますしね)

でも、あれだって、
ワンパッケージ150円とか200円とかしますよね。

それを沢山買うのは、
お財布があっぱっぱになってまいますので、
我が家では玄米フレークとオートミールを、
備蓄・非常食にしております。

お菓子などにアレンジもききますので、
使い回しやすいですよ〜。

非常時には、
野菜などが摂れなくなると思いますので、
炭水化物のほかの栄養素を、
どうやって効率よく摂取できるかに、
着目するようにしています。

極端な話ですよ?

食事量が十分に摂れなくて、
お腹がぺこぺこでも、

少量の食事でも必須栄養素を、
バランスよくしっかりと摂取できていれば、
健康の維持には非常に役立つわけです。

チアシードや玄米フレーク、
オートミールなど必ず一役買ってくれると思っています。

あとは粉末の青汁とかあれば、
より良いのかもしれないけれど、

毎日飲む習慣がないし、
高いしねえ(予算は見過ごせないですよ!)

非常用だから!って特別に用意することは、
極力したくないので、
このラインナップに決めています。

【おすすめ非常食7:高野豆腐】

健康食材の代名詞!!とも言える高野豆腐です。

さっと煮えて、お腹も膨れるしかもこんなに栄養豊富。
炭水化物に添えて食べれば、なおOKですよ。

  • 大豆サポニン
  • ビタミンE
  • イソフラボン
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • ビタミンK
  • 亜鉛
  • 食物繊維

長期保存しやすくて、美味しい。
値段も高くない。

素敵すぎる♡

と、いうわけで、
我が家によくでる食材、高野豆腐は、
非常食としての位置付けにおります。

煮れば水分を多く含むから、
食べやすいですしね。

昔の人は、なんて素敵な食材を編み出してくれたんだろうと感謝ですよ。

【おすすめ非常食8:ルイボスティー】

カルシウム、ナトリウム、カリウムなどの、
ミネラルが豊富なルイボスティーです。

ノンカフェインで子供でも飲めます。

これも体のバランスを整えるのに、
一役買う食材だと思うのです。
お腹はいっぱいにならないけれど、
お水での抽出が可能なので、
お水のペットボトルにいれておくだけで、
美味しく飲めますし。

ストレスを軽減する効果が高い

なによりもルイボスティーに多く含まれる、
「ビテキシン」「イソビテキシン」の2つは、
ストレスを軽減する効果が高いそうなのです。

災害時のストレスフルな状態を、
カフェインレスのルイボスティーで軽減できたら、
なおさら良いではないですか。

ホットティーでも、
アイスティーでも飲めますし、

アイスティーなら、
これにチアシードと、
テン菜糖をちょっと入れて飲めば、

ミネラルを摂りながらお腹も膨れて、
甘みでもちょっとほっとして、、、。

最高に役立つお茶だと思います。

フラボノイド効果もあるので、
口臭も気になることが少なくなりますしね。

我が家では、麦茶ではなく、
常にルイボスティーなので、
いつも少し多めにストックしてあります。

 

はい、ここまでちょっと熱く語ってみました。

簡単でお安くて、保存がきいて、
非常時でも体にいいおすすめ保存食です。

炭水化物プラス、
ミネラルなどの栄養素が取れるものです。

いかがですか?

あとは、いつもの食事の、
ご飯のお供的なものをストックしています。

ツナ缶、トマト缶、
海苔の佃煮など。

そして基本の調味料を1本づつストックしていますね。

これさえあれば、味はなんとかなる!というものです。
もともと冷蔵庫なんてない時代から使われている調味料は、そのまんま保存可能なわけですから。

 

保存食・非常食を食べずにダメにした経験から

わたしも一時は、
○○の保存缶とか、
長期可能な○○とか、
「非常用食品」を、沢山買い込みました。

不安におされて。

でも、蓋を開けてみる前に、
賞味期限切れで食べずに終わってしまった食材が、
とても多く出たんですね。

買って安心してしまっていました。
一万円分ぐらい買い込んでいたんじゃないかなぁ。。

その苦い経験から、
日常で無理なく使いまわせるもので、
保存が可能で食べやすいもの、
非常時でも手軽に食せるものを、
「ちょっと多めに」揃えておくスタイルに変えました。

このエリアは最低でも、
一週間分の備えをしておいてください。

 

消防の方のこの言葉に、
正直焦ったし、不安になりました。

そんなに多くの非常食を揃えておかなくていけないのかと。
結構な量があるよなぁって、
単純に考えたんですよね。
大変だ!いっぱい揃えなきゃ!って。

でも、よくよく見てみると、
炭水化物をメインとした食であれば、
チアシードや玄米フレーク、ルイボスティーなど、
その栄養素を少し補ってくれるものをあわせれば、
そんなに多く用意しておかなくても大丈夫だと気がつきました。

いつもよりも、ちょっと余分にあればいい。

あ、お水は別だと思います。
これはできるだけ多めに備蓄しておいたほうが良いのではないかと思いますよー。
(しかも我が家は災害時に給水に関してむっちゃ遅くなるような環境なので)

では最後に、
我が家の「一週間分の備蓄・非常食リスト」をアップいたしますね。

ご参考になるところがあったら、
ぜひご活用ください。

たぶん、
「あぁ、うちにもこれなら、あるある!」というものばかりだと思いまするよ(笑)

 

【一家3人分一週間分備蓄してあるものリスト】

<< 食材 >>

  • 醤油1リットル
  • 味醂1リットル
  • 酒1リットル
  • 味噌
  • テン菜糖
  • 蜂蜜
  • マヨネーズ1本
  • 海苔佃煮小瓶
  • 高野豆腐2袋
  • ツナ缶(10缶ほど)
  • 切り餅1キロ
  • お米5キロ
  • 素麺1キロ
  • 粉末つゆの素
  • トマト缶(6缶パック)
  • レトルトカレー3パック
  • レトルトご飯(5パック入り)
  • 袋めん(5袋入り)
  • チアシード1キロ
  • 玄米フレーク1箱
  • オートミール1箱
  • スキムミルク1箱
  • 小麦粉500g
  • 乾燥わかめ1袋
  • ルイボスティー(ティーパック)
  • 缶入りサクマドロップ(子供よう)
  • ドッグフード1袋(愛犬用)
  • 水2リットル42本(一人1日3リットル*3人*7日+α)

 

<< 生活資材 >>

  • サランラップ1本
  • 紙皿10枚
  • 紙コップ10個
  • 割り箸
  • 45リットルゴミ袋3パック
  • トイレットペーパー1パック
  • ティッシュペーパー1パック
  • ペットシーツ100枚入り1パック
    (これは非常トイレにも使います)
  • 古新聞一週間分
  • カセットボンベ(9本)

 

さっとみると、
特別な備蓄・非常食にみえませんね(笑)

でも、我が家の大切な命をつなぐ食材でございまする。

長々とおつきあいくださり、
ありがとうございました。

shuri

2015-12-04 14.32.46

ABOUTこの記事をかいた人

shuri

管理人、shuriです。 ミニマリズム&防災意識を日々高めつつ、記事を書いております。 どんな災害が起こっても、愛する娘を守り抜きたい一心で防災を学んでいます。 「本当に自分に必要なもの」と「災害から身を守ること」を柱に、人生を「生きる」と「活きる」生活を目指して、日々更新中。 18歳〜21歳にの三年間をかけて、重度のアトピーによるステロイド依存から脱却すべく「脱ステ」に挑み、いまはぱっと見アトピーに見えないぐらいまでになっています。 愛犬は13歳の柴犬。ミニマリズムを求めつつも、100均が大好きで困る(笑)